のぼり旗のデザインの作り方

のぼり旗を使用するにも目的がたくさんあります。

一般的に多いのは、飲食店の店頭に設置する例です。
街中を歩いていて一番多く見かけるのぼり旗です。推奨

お店の何をアピールするかを端的に一瞬でわからせる
デザインにする必要があります。

第一に、地の色と文字のコントラストです。
白と黄色では太陽が射したりすると見えません。
黒字に黄色は目立ちますが、重過ぎて食欲をそそりません。

宣伝する食べ物のメニューをアピールしたいなら
上にイラスト、下に文字などを入れます。
字は車に乗っていてもわかる太めものが
おすすめです。

開いているのか閉まっているのかがわかる、
営業中も客として知りたい情報です。

物販店では、セール・値下げ・春物入荷など、
商品名よりも中に入ってもらう目的の
デザインが多く使用されます。

サービス業関係は、おしゃれな外観から見ると
何かわからないことも多いので、
クリーニング・美容室・マッサージなど何のお店かが
わかるデザインが重要です。

のぼり旗のデザインはバランスも重要

のぼり旗は広告であり、集客ツールです。
のぼり旗のデザインを考える場合このことを忘れてはいけません。

効果的な宣伝・集客のためには狙いに合わせて
総合的なバランスを重視しましょう。

まずは上手に目立たせること、認知度を上げることを考えます。
これはどこのお客様にアピールしたいのかによって
戦法を変える必要があります。

お店のすぐ前を歩いている人に入店してもらうことが
狙いである場合は、強いメッセージ性を持たせましょう。

多少文字数が多めでもかまいませんし、
写真を使うのも良いでしょう。
道路の反対側など距離のあるお客様を
呼び込みたい場合には、インパクトが大切です。定期的に交換
シンプルで存在感の強いデザインにしましょう。
文字は少なく大きくがポイントです。

背景になるものの色とのバランスも大切です。
のぼり旗を置く場所の背景がごちゃごちゃとして
複雑なら、旗はシンプルなものが目立ちます。

色合いは、生け垣などの前なら緑の旗はNGなど、
同系色にならないようにしましょう。

ただし、お店のテーマカラーがある場合や、高級感を
出したい場合はこの限りではありません。

色のコントラストを強く賑やかでポップな雰囲気にすると、
セール広告のようなリーズナブルなイメージになります。

ですから反対に統一感を持たせた方が高級感を
演出できるわけです。
こういった基本を押さえてより効果的なのぼり旗を
作ってみてください。設置する場所