のぼり旗のデザインはバランスも重要

のぼり旗は広告であり、集客ツールです。
のぼり旗のデザインを考える場合このことを忘れてはいけません。

効果的な宣伝・集客のためには狙いに合わせて
総合的なバランスを重視しましょう。

まずは上手に目立たせること、認知度を上げることを考えます。
これはどこのお客様にアピールしたいのかによって
戦法を変える必要があります。

お店のすぐ前を歩いている人に入店してもらうことが
狙いである場合は、強いメッセージ性を持たせましょう。

多少文字数が多めでもかまいませんし、
写真を使うのも良いでしょう。
道路の反対側など距離のあるお客様を
呼び込みたい場合には、インパクトが大切です。定期的に交換
シンプルで存在感の強いデザインにしましょう。
文字は少なく大きくがポイントです。

背景になるものの色とのバランスも大切です。
のぼり旗を置く場所の背景がごちゃごちゃとして
複雑なら、旗はシンプルなものが目立ちます。

色合いは、生け垣などの前なら緑の旗はNGなど、
同系色にならないようにしましょう。

ただし、お店のテーマカラーがある場合や、高級感を
出したい場合はこの限りではありません。

色のコントラストを強く賑やかでポップな雰囲気にすると、
セール広告のようなリーズナブルなイメージになります。

ですから反対に統一感を持たせた方が高級感を
演出できるわけです。
こういった基本を押さえてより効果的なのぼり旗を
作ってみてください。設置する場所

通販で購入できるのぼり旗の耐久性は?

業者に頼む通販で作成されるのぼり旗の耐久性は、およそ3ヶ月とされています。
これはプリントした印刷が色あせてきたり、生地がほつれてくるのが
原因です。

もちろん屋外で使用するために、風雨にさらされることに加えて
太陽の紫外線の影響が大きなものとなります。

もちろん、生地の品質や印刷技術を高いものにすれば、
もっとのぼり旗の耐久性は高まります。

けれども月日の経過によって古くなることは避けられない
ものですし、のぼり旗は薄汚れてくると宣伝効果も下がります。汚れを防ぐ
逆に定期的に新しく効果することによって
人目を引くことになるので、集客につながります。

その目安として3ヶ月ごとの交換は
必要というわけです。

大抵の通販サービスでは、一度作成した
のぼり旗のデータは保管しているものです。

そのために再度同じデザインで作成する
場合には、費用はかなり安くなります。

データから製版する作業が不要となるからです。
もちろん、作り直すたびにデザインを変えるのも良いものです。

例えば飲食店なら推奨するセットメニューを変えるなどで
集客力を高めることができます。

のぼり旗の耐久性の目安である3ヶ月ごとに
新メニューを考えるのも良いものです。

ちょうど季節ごとにお勧めメニューを変えるタイミングで、
のぼり旗も作成できるようになります。

通販サービスではそのような場合のデザインも用意されているので
利用することができます。

このように、通販でののぼり旗は適度な頻度に合わせた
タイミングで交換するのが良いことが分かります。