のぼり旗の配色について

集客に効果的なのぼり旗は、そこに書かれている文字に加えて、
配色もまた重要な要素の一つです。

せっかく大量ののぼり旗を配置しても配色が悪いと
効果も半減してしまうので、お店やサービスの内容について
よく検討した上で、最適なデザインを選ぶようにします。

まずのぼり旗は、遠くからでも目立つ色合いに
することが大事です。
特に飲食店などは、道路を高速で走ってくる運転手が
確認できるデザインにしないといけません。活用できる

視認しやすい色としては、赤やオレンジ色が
おすすめです。

目立つ色なので運転手の視界に入った時に
すぐに認識されますし、お店の活発さを
伝えることもできます。

ラーメン店などの飲食店はこの赤色を
ベースカラーとした配色が多く、
飲食店であることを伝えるためにも
最適な色です。質の良さ

逆にお店の信頼感や真面目さと
いったものを伝えるなら、
紺色などの重厚感のある色を選びます。

仏具店などに適したダーク系の色は、
扱っている商品の高級感を伝えてくれる
色でもあります。

のぼり旗のデザインの作り方

のぼり旗を使用するにも目的がたくさんあります。

一般的に多いのは、飲食店の店頭に設置する例です。
街中を歩いていて一番多く見かけるのぼり旗です。推奨

お店の何をアピールするかを端的に一瞬でわからせる
デザインにする必要があります。

第一に、地の色と文字のコントラストです。
白と黄色では太陽が射したりすると見えません。
黒字に黄色は目立ちますが、重過ぎて食欲をそそりません。

宣伝する食べ物のメニューをアピールしたいなら
上にイラスト、下に文字などを入れます。
字は車に乗っていてもわかる太めものが
おすすめです。

開いているのか閉まっているのかがわかる、
営業中も客として知りたい情報です。

物販店では、セール・値下げ・春物入荷など、
商品名よりも中に入ってもらう目的の
デザインが多く使用されます。

サービス業関係は、おしゃれな外観から見ると
何かわからないことも多いので、
クリーニング・美容室・マッサージなど何のお店かが
わかるデザインが重要です。

通販で購入するならのぼり旗、看板どちらが良い?

店の宣伝をする際には、のぼり旗と看板を使う事が多いです。
どちらの製品を使うかは、店の位置や店のコンセプトによって
変わってきます。古くなる

飲食店では、両方使う事が多いですが、店先や道路に
近い場所に設置する時は、看板よりものぼり旗の方が安く、
設置場所を変更しやすいというメリットがあります。

のぼり旗は、通販サイトでオリジナルの物を購入する事が
可能であり、注文者がオリジナルデザインのデータを
業者に渡せば、その通りに作ってくれる
オーダーサービスを実施しているケースもあります人目を引く
通販サイトでは、既成品も販売しており、
多くの消費者に既に認知されているような
物であれば、オリジナルでのぼり旗を
作成しなくても、十分に活用する事が可能です。

旗は、大小様々なサイズの物がありますので、
宣伝したい内容に応じて旗を選ぶ事が出来ます。

通販サイトは数多くありますので、利用者の
ニーズにマッチした商品やサービスを
提供してくれ、リーズナブルな価格で
購入出来る業者を使っていくと良いです。