のぼり旗の配色について

集客に効果的なのぼり旗は、そこに書かれている文字に加えて、
配色もまた重要な要素の一つです。

せっかく大量ののぼり旗を配置しても配色が悪いと
効果も半減してしまうので、お店やサービスの内容について
よく検討した上で、最適なデザインを選ぶようにします。

まずのぼり旗は、遠くからでも目立つ色合いに
することが大事です。
特に飲食店などは、道路を高速で走ってくる運転手が
確認できるデザインにしないといけません。活用できる

視認しやすい色としては、赤やオレンジ色が
おすすめです。

目立つ色なので運転手の視界に入った時に
すぐに認識されますし、お店の活発さを
伝えることもできます。

ラーメン店などの飲食店はこの赤色を
ベースカラーとした配色が多く、
飲食店であることを伝えるためにも
最適な色です。質の良さ

逆にお店の信頼感や真面目さと
いったものを伝えるなら、
紺色などの重厚感のある色を選びます。

仏具店などに適したダーク系の色は、
扱っている商品の高級感を伝えてくれる
色でもあります。

のぼり旗のデザインの作り方

のぼり旗を使用するにも目的がたくさんあります。

一般的に多いのは、飲食店の店頭に設置する例です。
街中を歩いていて一番多く見かけるのぼり旗です。推奨

お店の何をアピールするかを端的に一瞬でわからせる
デザインにする必要があります。

第一に、地の色と文字のコントラストです。
白と黄色では太陽が射したりすると見えません。
黒字に黄色は目立ちますが、重過ぎて食欲をそそりません。

宣伝する食べ物のメニューをアピールしたいなら
上にイラスト、下に文字などを入れます。
字は車に乗っていてもわかる太めものが
おすすめです。

開いているのか閉まっているのかがわかる、
営業中も客として知りたい情報です。

物販店では、セール・値下げ・春物入荷など、
商品名よりも中に入ってもらう目的の
デザインが多く使用されます。

サービス業関係は、おしゃれな外観から見ると
何かわからないことも多いので、
クリーニング・美容室・マッサージなど何のお店かが
わかるデザインが重要です。

のぼり旗のデザインはバランスも重要

のぼり旗は広告であり、集客ツールです。
のぼり旗のデザインを考える場合このことを忘れてはいけません。

効果的な宣伝・集客のためには狙いに合わせて
総合的なバランスを重視しましょう。

まずは上手に目立たせること、認知度を上げることを考えます。
これはどこのお客様にアピールしたいのかによって
戦法を変える必要があります。

お店のすぐ前を歩いている人に入店してもらうことが
狙いである場合は、強いメッセージ性を持たせましょう。

多少文字数が多めでもかまいませんし、
写真を使うのも良いでしょう。
道路の反対側など距離のあるお客様を
呼び込みたい場合には、インパクトが大切です。定期的に交換
シンプルで存在感の強いデザインにしましょう。
文字は少なく大きくがポイントです。

背景になるものの色とのバランスも大切です。
のぼり旗を置く場所の背景がごちゃごちゃとして
複雑なら、旗はシンプルなものが目立ちます。

色合いは、生け垣などの前なら緑の旗はNGなど、
同系色にならないようにしましょう。

ただし、お店のテーマカラーがある場合や、高級感を
出したい場合はこの限りではありません。

色のコントラストを強く賑やかでポップな雰囲気にすると、
セール広告のようなリーズナブルなイメージになります。

ですから反対に統一感を持たせた方が高級感を
演出できるわけです。
こういった基本を押さえてより効果的なのぼり旗を
作ってみてください。設置する場所

通販で購入するならのぼり旗、看板どちらが良い?

店の宣伝をする際には、のぼり旗と看板を使う事が多いです。
どちらの製品を使うかは、店の位置や店のコンセプトによって
変わってきます。古くなる

飲食店では、両方使う事が多いですが、店先や道路に
近い場所に設置する時は、看板よりものぼり旗の方が安く、
設置場所を変更しやすいというメリットがあります。

のぼり旗は、通販サイトでオリジナルの物を購入する事が
可能であり、注文者がオリジナルデザインのデータを
業者に渡せば、その通りに作ってくれる
オーダーサービスを実施しているケースもあります人目を引く
通販サイトでは、既成品も販売しており、
多くの消費者に既に認知されているような
物であれば、オリジナルでのぼり旗を
作成しなくても、十分に活用する事が可能です。

旗は、大小様々なサイズの物がありますので、
宣伝したい内容に応じて旗を選ぶ事が出来ます。

通販サイトは数多くありますので、利用者の
ニーズにマッチした商品やサービスを
提供してくれ、リーズナブルな価格で
購入出来る業者を使っていくと良いです。

通販で購入できるのぼり旗の耐久性は?

業者に頼む通販で作成されるのぼり旗の耐久性は、およそ3ヶ月とされています。
これはプリントした印刷が色あせてきたり、生地がほつれてくるのが
原因です。

もちろん屋外で使用するために、風雨にさらされることに加えて
太陽の紫外線の影響が大きなものとなります。

もちろん、生地の品質や印刷技術を高いものにすれば、
もっとのぼり旗の耐久性は高まります。

けれども月日の経過によって古くなることは避けられない
ものですし、のぼり旗は薄汚れてくると宣伝効果も下がります。汚れを防ぐ
逆に定期的に新しく効果することによって
人目を引くことになるので、集客につながります。

その目安として3ヶ月ごとの交換は
必要というわけです。

大抵の通販サービスでは、一度作成した
のぼり旗のデータは保管しているものです。

そのために再度同じデザインで作成する
場合には、費用はかなり安くなります。

データから製版する作業が不要となるからです。
もちろん、作り直すたびにデザインを変えるのも良いものです。

例えば飲食店なら推奨するセットメニューを変えるなどで
集客力を高めることができます。

のぼり旗の耐久性の目安である3ヶ月ごとに
新メニューを考えるのも良いものです。

ちょうど季節ごとにお勧めメニューを変えるタイミングで、
のぼり旗も作成できるようになります。

通販サービスではそのような場合のデザインも用意されているので
利用することができます。

このように、通販でののぼり旗は適度な頻度に合わせた
タイミングで交換するのが良いことが分かります。